Yuki's bnb blog

こんにちは!Yukiといいます。本業のかたわら大阪で2016年夏から民泊運営のお手伝いをしています。民泊業務に関する様々なことを自動化・効率化したいと思い日々活動しています。 お気軽にコメント・お問い合わせください :) TOEICスコア 985

【簡単!】 Google Apps Scriptを開く

f:id:yukibnb:20190721111853p:plain

こんにちは!
Yuki (@yukibnb) です。

前回はLINEで通知を送るためにまずLINE Notifyのアクセストークンを取得しました。

www.yukibnb.com



次は「どのLINEグループ」に「どのような文章」を「どのような頻度」でLINE通知するかを設定しましょう。
「社内スタッフのLINEグループ」に「来週のシフト希望の提出リマインダー」を「毎週水曜の13時~14時の間」にLINE通知する。というような感じです。

その設定をGoogle Apps Script (通称GAS)にて行います。
Google Apps Scriptにコードを書くことで、上記のようなLINE通知を送信することができます。

具体的なコードを紹介する前に、この記事ではまずGoogle Apps Scriptの開始方法を紹介します。

Google Apps Scriptの開始方法は2種類ある!

具体的な開始方法を見ていきましょう。
まずGoogle Apps Scriptは2種類あり、それぞれ開始方法が異なります。

  • スプレッドシートやドキュメントなどからスクリプトを開く方法
    -> 親となるスプレッドシートなどのファイルに紐づきます。
        「Container-bound Scripts」と呼びます。

  • Googleドライブ内に直接スクリプトファイルを保存する方法
    -> 単独ファイルとしてドライブ内に保存します。
        「Standalone Scripts」と呼びます。

なんだか難しそうな言葉が出てきました。
当記事はLINEで通知を送ることを第一目標としているので、ここでは細かい違いは割愛します。
親ファイルに紐づくか、単独ファイルかぐらいの認識で今は大丈夫です。

スプレッドシートからスクリプトを開く

決まった文章を定期的にLINE通知するだけだとどちらの方法でもいいのですが、本ブログではスプレッドシートと連動した応用版のスクリプトを紹介することが多くなりそうなのでこの方法 (Container-bound Scripts) で進めます。

スプレッドシートを開く
テスト用に新しいスプレッドシートを開きましょう。
ファイル名は何でも大丈夫です。この記事ではわかりやすいように「LINE通知用」というファイル名にしました。

f:id:yukibnb:20180813002316j:plain


スクリプトを開く
画面上部の「ツール」内の「スクリプトエディタ」をクリックしましょう。

f:id:yukibnb:20180813002530j:plain


準備完了!
スクリプトを開くことができました。これで準備完了です。
画面上部の「無題のプロジェクト」に任意のプロジェクト名を入力しておいてください。

f:id:yukibnb:20180813003051j:plain


あっという間にスクリプトを開くことができました!
次回はLINE通知をするために具体的なコードをこのスクリプト内に書いていきます。

せっかくなのでStandalone Scriptsの開き方も紹介します。

Googleドライブからスクリプトを開く

早く次へ進みたい、必要なことだけ知りたいという方はここは読み飛ばして構いません。

Googleドライブを開く
左上の「新規」をクリックしましょう。

f:id:yukibnb:20180813004353j:plain


アプリを追加する
「その他」 > 「アプリを追加」を選択しましょう。

f:id:yukibnb:20180813004505j:plain



Google Apps Scriptを選択

一覧からGoogle Apps Scriptを選択しましょう。見つからない場合、「アプリを検索」にGoogle Apps Scriptと入力して検索してください。

f:id:yukibnb:20180813004624j:plain


「接続」をクリック

これでGoogleドライブにアプリの追加が完了です。そしてGoogleドライブに戻ります。

f:id:yukibnb:20180813004719j:plain


スクリプトを開く
「新規」 > 「その他」 > 「Google Apps Script」をクリックしましょう。

f:id:yukibnb:20180813005036j:plain


準備完了!

スクリプトを開くことができました。
画面上部の「無題のプロジェクト」に任意のプロジェクト名を入力してください。ここでは「TEST_2018」としました。

f:id:yukibnb:20180813005344j:plain


ドライブにスクリプトが保存されます

Standalone Scriptsはドライブ内に単独ファイルとして保存されます。
「TEST_2018」がドライブ内に保存されているのが以下画像からわかります。

f:id:yukibnb:20180813005432j:plain

次回以降の記事では言及がない限りStandalone Scriptsではなく、スプレッドシートに紐づけたContainer-bound Scriptsを前提に具体的なコードや手法を紹介します。

↓↓ 続きはこちらからどうぞ ↓↓

www.yukibnb.com


 

連載目次: Google Apps Script関係 (記事追加中)

LINE Notify + Google Apps Script + G Suite

LINE Notify + Google Apps Script + G Suiteで自動化
LINE Notifyを使うためのアクセストークンを取得
・Google Apps Scriptを開く (本記事)
コピペでOK!LINE Notifyで自動通知を送るためのスクリプト
簡単トリガー設定!定期的にLINEで自動通知しよう
【コピペでOK!】ボタンを押してLINE通知する方法
【コピペでOK!】確認メッセージを表示して誤送信を防ぐ方法

随時記事の追加を行っています!